SKIN
頬に手を当てている女性や美容液
description

毛穴は美肌を目指すのであれば必ずケアが必要なポイントです!様々な毛穴トラブルの原因について知っておくだけで未然に予防することも出来ます。ニキビ、肌荒れ、クレンジングなどのケアについても知っておくべき情報は様々にあります。当サイトで毛穴トラブルについて詳しくなりましょう!

美肌の第一歩は毛穴引き締めです! > 肌荒れによる肌の「痒み」はどうして?

肌荒れによる肌の「痒み」はどうして?

にきびや乾燥、擦り傷など皮膚の状態が変化するとかゆみが伴います。
かゆいからといって掻いてしまうことでまた刺激が生じて肌荒れを引き起こすことになります。
表皮には自由神経の末端があり、真皮には知覚神経の繊維Cがあります。
水分が蒸発して乾燥するとかゆみが起こります。これは知覚神経の繊維Cと呼ばれるかゆみを感じ取る繊維が刺激されてしまうからだといわれています。

乾燥や肌荒れがひどくなると表皮の近くで繊維Cを感じ取ることができるので、かゆみが生じやすくなります。
かゆくて掻いてしまうことで角質や皮脂膜を傷つけ、肌のバリア機能を低下させてしまうという悪循環が起こります。
新陳代謝が加齢によって落ちてくるとバリア機能も低下してしまいますので、かゆみを生じやすくなり肌荒れが治りにくくなるのです。

紫外線や栄養不足などが原因で肌荒れを引き起こすこともあります。肌細胞が栄養不足になれば水分と皮脂バランスが崩れてしまいます。
水分の蒸発を防げなくなり、皮脂の分泌が衰えて肌がかさかさになってしまうことで肌への外部刺激が直接的となります。
ダニ、ハウスダストなどの刺激を受けやすくなりますから、かゆみが生じやすくなります。
最近の研究ではマスト細胞と呼ばれる造血管細胞の白血球の結合組織の働きが注目されています。
DOCK5と呼ばれるたんぱく質がヒスタミンなどの化学物質を分泌することを抑制し、アレルギー症状を抑えます。

マスト細胞は皮膚への刺激でヒスタミンの放出を始めてしまうのですが、これが出血などがかさぶたに変わった時のかゆみです。
マスト細胞や末端神経は皮膚の表皮近くでヒスタミンを分泌するので、かゆみがひどくなっていくのです。
ヒスタミンが分泌されると脳に伝わり、ついその部分を掻いてしまうということになります。
肌に湿り気がある場合にはPHが正常に保たれていない証拠です。肌のかゆみを抑えるためにはPHを整え、バリア機能を回復させ、正常な肌細胞を保たなくてはならないのです。

年齢が高くなると痒みが増える場合もある理由

年齢が高くなると痒みが増える場合もあります。年齢が理由の場合にはバリア機能の低下と細胞の衰えが主な原因になります。
なぜ年齢が高くなるとバリア機能が低下するのかというとホルモンバランスや自律神経の乱れといった理由もありますが、細胞が衰えて水分と皮脂のバランスを保てなくなるからです。
また乾燥や紫外線で刺激を受けてしまい、肌のターンオーバーが正常に行われなくなるという理由もあります。
発汗や皮脂が少なくなることで肌が乾燥しがちになります。そのためしわやしみ、たるみの原因にもなります。
乾燥肌はもともと加齢が原因で老化現象のひとつでもあります。

なぜ乾燥しやすくなるのかといえば、ホルモンによってコントロールされている皮脂の分泌が少なくなることが理由です。
そのため表皮細胞にある細胞間脂質も減少してしまいます。天然保湿因子と呼ばれる血管からの栄養分と水分の補給も少なくなります。
細胞間脂質に含まれているのが水分を保持してくれるセラミドですが、この働きが衰えます。
そして皮脂腺からの皮脂と汗腺からの汗が混ざり合い、肌を天然のクリームで保護してくれているのですが、この働きも衰えることになります。
皮脂を取りすぎることなく、肌のバリア機能を回復させなければなりませんが、刺激の少ない化粧品などでも肌に負担がかかることになり、加齢による肌質の低下を防ぐのはとても難しいのです。

角質自体の機能が低下している場合には化粧品や薬でも回復が遅いこともあります。
ビタミンや漢方などで根気よく現状維持させていくしかありません。
たんぱく質の不足は肌のターンオーバーを遅らせてしまいますので、野菜や果物を中心にしたダイエットをしていると肌を乾燥させる場合もあるのです。
痒みを抑えるためには生活全般の見直しが必要となるのです。