SKIN
頬に手を当てている女性や美容液
description

毛穴は美肌を目指すのであれば必ずケアが必要なポイントです!様々な毛穴トラブルの原因について知っておくだけで未然に予防することも出来ます。ニキビ、肌荒れ、クレンジングなどのケアについても知っておくべき情報は様々にあります。当サイトで毛穴トラブルについて詳しくなりましょう!

美肌の第一歩は毛穴引き締めです! > 体のどこにニキビができるかで内蔵の悪い部分がわかる

体のどこにニキビができるかで内蔵の悪い部分がわかる

手鏡でニキビを確認している女性

ニキビがいつも同じところにばかりできる、いきなりいままでできたことのない場所にニキビができたといったことはありませんか。
中医学ではニキビができる場所によって内蔵、特に肝臓、腎臓、消化器官などのトラブルがあることを示しているといわれています。
おでこ、Tゾーン、背中、Uゾーンなどは皮脂の分泌がさかんな部位だったり、髪の毛が触れることで刺激になってしまってニキビができることが考えられます。
ほおやフェイスライン、口回りなどにできるニキビは内臓の悪いところを教えてくれている場合もあります。
こめかみは肺や肝臓、耳や目じりは腎臓、あごはホルモンバランスの乱れや胃の疲れによるものだといわれています。

ほおは肝臓、脂質のとりすぎ、便秘、冷え、フェイスラインはホルモンバランスの乱れ、口回りは食べ過ぎや飲みすぎ、偏食で胃腸が弱っているサインだと考えられています。
鼻やおでこは思春期の場合には皮脂の分泌が盛んだからと考えられています。
また、大人ニキビの場合にはおでこの場合には自律神経のバランスの乱れ、首回りは体の冷えや婦人科系の病気のサインで生理不順や月経痛などがひどい時にも起こります。

なぜニキビができる場所が内蔵に関係しているのかというと内臓の疲れがニキビとして現れていると考えるのです。
また皮膚は排泄器官であるため、新陳代謝がうまくできずに吹き出物になっているとも考えられています。
内蔵機能が低下してしまうと熱を排出することもうまくできなくなり、肌や内蔵に軽い炎症状態を起こしているとも考えられます。
脂質の多い食事を避け、スナック菓子やインスタントフードも控えます。暴飲暴食や飲酒、喫煙も控えることが望ましいといえます。

シャンプーなどのすすぎ残しがないようにきちんとすすぎ、前髪やサイドの髪は肌にかからないようなヘアスタイルがおすすめです。
メイクをする時にはスポンジの汚れをきちんと落とし、メイク用品を清潔に保ち、メイクを軽めにしておくことも肌荒れやニキビを防ぐのに必要です。

肌荒れに一番影響する内臓とは

ニキビができたら、跡が残らないようにきちんとケアをして必要なら皮膚科で診察を受けることが大切です。
ニキビは外的な刺激だけでなく内臓の不調、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどの精神的な理由でもできてしまいます。
ニキビは化膿性疾患と呼ばれており、体に余分な熱があるとできやすくなるといわれています。
肌に老廃物が残っているとニキビや肌荒れを引き起こします。

疲労やストレスで影響を一番受けやすい内蔵は肝臓です。
肝臓機能が低下することで浄化機能が下がり、腎臓に影響を及ぼし、老廃物が排出しづらくなります。
毒素が排出しづらくなると血液にも老廃物が多く含まれてしまうようになりますので皮膚の抵抗力が低下してしまい、ニキビができやすくなります。
眉間や頬にできるニキビは特にお酒の飲みすぎなど暴飲暴食でできやすい場所といわれています。

肝臓はイライラやストレスなど精神的な疲れにも影響を受けやすい臓器です。睡眠不足、糖分の取りすぎには注意が必要です。
胃腸や肝臓の機能低下が原因となるニキビは季節に関係なく起こります。

洗顔と保湿、栄養と睡眠と規則正しい生活をしなければなりませんし、生活習慣が原因となっている場合には繰り返しニキビができてしまうことになります。
運動不足や慢性肥満も原因となりますのでニキビケアが生活習慣予防にもつながります。
内臓の機能が低下してしまうとホルモンバランスや自律神経のバランスも乱れて悪循環となってしまいます。

肝臓の機能が低下するとむくみやだるさが出てきます。
薬の抗生物質が原因で、肝臓が弱ってしまうことも明らかになっています。
肝臓が悪くなっても、痛みの自覚症状がありませんから、だるさやむくみを感じたら、かんきつ類や野菜、消化の良いものを食べて肝臓を意識的に休めることが大切です。

体のどこにニキビができるかで内蔵の悪い部分がわかるを読まれたあなたにオススメの記事