SKIN
頬に手を当てている女性や美容液
description

毛穴は美肌を目指すのであれば必ずケアが必要なポイントです!様々な毛穴トラブルの原因について知っておくだけで未然に予防することも出来ます。ニキビ、肌荒れ、クレンジングなどのケアについても知っておくべき情報は様々にあります。当サイトで毛穴トラブルについて詳しくなりましょう!

美肌の第一歩は毛穴引き締めです! > シミに効く治療薬について

シミに効く治療薬について

シミができる原因は、紫外線などの肌ストレスによるメラニン色素の過剰生成と肌のターンオーバーの乱れが主なものです。
これらを改善することで、シミを治すことができます。

メラニンの生成を抑える成分としては、ビタミンC・ハイドロキノン・イソフラボンなどです。
これらの成分はメラニンを抑制する効果が期待できるので、様々な治療薬に含まれています。

この中でもハイドロキノンは、シミに直接浸透することで治療効果を高めることが可能です。
メラノサイトに働きかけ、メラニンの生成そのものを阻害するトラネキサム酸もよく配合される成分です。
ターンオーバーを改善する成分としては、ビタミンC誘導体・ビタミンA・酵母エキス・プラセンタ・ビタミンB2・ビタミンE・L-システイン・レチノイン酸などです。
これらの成分は、皮膚の奥に潜んでいるシミを排出する効果があります。

治療薬には主に、塗り薬と飲み薬の2種類があります。

塗り薬

塗り薬は、目に見えるシミに対して直接塗るので効果を実感することが可能です。
成分や配合量などで効果が変わってくるので、自分にあった製品を見つけ出すようにしましょう。
塗り薬の成分で効果が期待できるのは、処方薬のハイドロキノンやレチノイン酸です。
市販薬で購入する場合は、ビタミンC誘導体が配合されているものをおすすめします。

飲み薬

飲み薬の場合は、体内で成分が吸収されるため全身に効果が行きわたるのがメリットです。
塗り薬のように特定部位への即効性は望めませんが、シミなどが出にくい体質を作ってくれます。
比較的購入しやすく、塗り薬に比べると副作用なども少ないといえるでしょう。
飲み薬の成分で効果があるのは、L-システインやビタミンC、トラネキサム酸などがあげられます。

シミ治療薬を購入する際には、成分や配合量などを確認して購入するようにしましょう。
目立つところにシミなどがあるとうっとうしいものです。治療薬を使って、早めのシミ対策をしておきましょう。

市販のシミ治療薬と処方されるものの違いは?

シミ治療薬には、市販のものとクリニックなどで処方してもらうものがあります。
これらの違いは、その成分や配合量です。
市販のものは、処方のものと比べ配合量が低いためなかなか効果が実感できないといえます。
短期間で結果を出したいという人は、皮膚科などで治療薬を処方してもらうことがおすすめです。

シミ改善に効果が高いハイドロキノンやレチノイン酸などは、処方薬なのでドラッグストアなどでは購入できません。
このように市販では購入できない薬を処方してもらえるのが医療機関で治療を受けるメリットです。
ただし、医療機関で受診する場合にシミの治療は保険適用外になることがほとんどです。
そのため、自由診療が適用されるので治療費など医療機関により違いが出ます。
場合によっては、高額な費用がかかる場合もあるので、気をつけておきましょう。

それに比べドラッグストアなど購入できる市販のものは、比較的価格も手ごろで続けやすいといえます。
ただし、シミの種類によっては、医療機関で治療する必要があるものもあるので気をつけておきましょう。
市販薬を続けていてもあまり効果が出てこないという場合は、一度医療機関でしっかりと診てもらうことをおすすめします。

シミの治療薬を選ぶ場合、比較的安い価格で手軽に購入できる市販のものにも、多種多様な製品が販売されています。
それぞれの製品の成分や配合量を確認しながら、複数試してみたうえで自分にあったものを選ぶことをおすすめします。

また、短期間でしっかりと効果を出したいという人には、医療機関で処方したものが効果的です。
医療機関で処方してもらえば、万一副作用が出ても迅速に対応してもらえるから安心です。
市販のものと処方したものの良い点や悪い点を考え合せたうえで、上手に使い分けることが大切です。